研究会の様子

第16回グロケン終了

2016年02月16日

去る2月15日(月)、2016年最初となる第16回グロケンが行われました。今回は飲食チェーン(塚田農場等)を運営するエー・ピーカンパニーで働く社会人の方でした。

産業調査とは何か、発注側の意図、調査会社の現状、業界裏話に至るまで話題を提供いただきました。(ちなみに産業調査は前職でのご経験とのこと。)

調査自体は、大学で研究活動に取り組む学生たちにとっても身近なトピックであり、調査にもいろいろな種類やアプローチ、目的や成果、そして調査結果の活用法があるということに気づかされた時間でした。

研究会の後には、懇親会を実施。今回は初参加の方々も多く、大変話が弾みました。グロケンをサポートしてくださる社会人の方々からの示唆に富んだ話に聞き入る学生たちが、今回もとても目立ちました。

懇親会のあとは、有志で2次会に繰り出し、話の続きを楽しみました。今回のグロケンは、2月20日から順次、アジア4か国に派遣される16名の学生たちも参加しました。

次回の第17回グロケンの日程は、2016年4月4日(月)午後6時30分からを予定しています。新年度を迎え、学生たちは進級します。社会人の方の中には、新天地で新たな気持ちで出発する方もいることでしょう。

年5回開催し、今年で4年目を迎えたグロケンですが、次回はゲストから話題を提供頂く従来のスタイルではなく、グループで共通した課題について一緒に考える時間を増やし、グループ全体で一定の成果を出すことに挑戦してみたいと思います。トピックは、別途決定次第発表するようにします。

次回、また皆さんにお目にかかれることを楽しみにしています。引き続き、どうぞよろしくお願いします。(文・小松俊明)

第16回グロケンの参加者(合計34名)

(社会人11名)
イオンモール
イオンリテール
イオンクレジットサービス
(独)科学技術振興機構
ジョンソン&ジョンソン
エー・ピーカンパニー
ジャパンポートコンテンツ
日本IBM
東京海洋大学

(学生23名)
東京海洋大学
東京薬科大学

写真で見る▼クリックすると拡大してご覧いただけます。


影
PageTop