研究会の様子

第9回グロケン終了

2014年09月11日

去る9月10日、お茶の水の連合会館にて第9回グローバルキャリア研究会を行いました。大雨の中、直前のキャンセルが重なり、最終的な参加者は13名にとどまりましたが、少数精鋭の集まりでいつも以上に濃いディスカッションができました。ちなみに、学生も3名参加してくれました。

まず前半は日本IBMの方から、先日7月に実施した本研究会の台湾ミッションに関する報告を頂きました。台湾の現状、日台関係、そして若者育成に関して多くのヒントとなる話題を提供して頂きました。

後半は、同じく日本IBMの方から提供して頂いた4つの視点で、グループでディスカッションしました。その4つの視点とは、以下の通りです。

1)新規マーケットを開拓できる人材像とは?

2)若者のロールモデルとなるにはどうしたらいいか?

3)海外の有望な学生に日本の大学を留学先に選んでもらうためにはどうしたらいいか?

4)日本を取り巻く厳しい環境の中で、日本が海外(特にアジア)から魅力ある国であると思われるために、私たちは何をしたらいいか?

最後に、今回参加してくださった方々の所属名を以下に掲載します。多くのグローバル企業のビジネスマンの方々や学生達の参加があり、今回もチャンスを与えてくれるオトナ達と、そのチャンスを見事につかむ学生達が醸し出すいい雰囲気の中、場が大変盛り上がりました。勉強会の後の懇親会では、さらにボルテージが高まったことは言う間でもありません。

ご参加くださった皆さん、どうもありがとうございました。次回は11月27日です。場所は今回とは変わって、錦糸町駅前にある「すみだ産業会館」となります。(文責:小松俊明)

*所属先*
メドトロニック
P&G
日本IBM
イオンモール
桐原書店
イオンファイナンス
ネオミレニアム
ロイタ
東京海洋大学

写真で見る▼クリックすると拡大してご覧いただけます。


影
PageTop