研究会の様子

第21回グロケン終了

2017年06月21日

去る6月15日(木)、久しぶりのグロケンは社会人6人の社会人、そして30人を超える学生が集まり盛況のうちに終了した。当日の話題提供は、日本IBMで働くビジネスマンの方が、人工知能がもたらす近未来の社会についてしてくださった。技術革新がすさまじいスピードで社会を変えていく中で、人々の寿命が100年に延びる可能性が高い時代を迎え、私たちが向き合うべき人生設計のあり方にも大きな変化が求められていくのではないか。変化に対応していけるよう、情報過多な時代だからこそ、たくさんの人と会い、正確で有益な情報を集めて、決してフェークニュースに踊らされないよう気をつけるべきではないか、など、会場からはいろいろな意見が飛び交った。

今回参加した学生には新しくこの夏ン位アジア5カ国に派遣される学生も多くいたが、過去に海外探検隊プログラムに参加したOBやOGの姿も多く見られた。社会人の方々と交流することで、多くの刺激と知見を得て、学生達もこの日ばかりは、いつも以上に輝いて見えた。(文責:小松俊明)

(社会人)
日本IBM
ジョンソンアンドジョンソン
青山学院大学
東京海洋大学

写真で見る▼クリックすると拡大してご覧いただけます。


影
PageTop