Information

7月海外ミッションのお知らせ

2014年01月19日

今年の夏、7月24日〜27日(3泊4日)の日程で、グロ研主催の海外ミッション
を実施します。本研究会初となる海外ミッションですが、第1回の今年は、
世界で最も日本に対して親日的な国である「台湾ミッション」としたく思います。
なぜ、台湾なのか。それには今、台湾に行かなければならない理由があるからです。
もちろん「コストがあまりかからないこと」、「有給休暇を1日半か2日取るだけ
で行けること」も魅力的です。
しかし! もっと大切な「今、台湾に行かなければ行けない理由」があります。
詳細は後述しますが、まずは、台湾ミッションの詳細をご覧ください。
台湾ミッション(3泊4日)
7月24日(木)午前便
各自、台湾・台北松山空港入り。午後2時にホテルロビー集合。
台湾大学を訪問。台湾人学生、日本人学生と交流。夕食。
7月25日(金)
台湾交流協会、台湾商工会、台湾玉蘭荘、農糧署、台湾企業に訪問した後、
日本人駐在員と交流会。
7月26日(土) 朝からフリータイム。
夕方6時から夕食。
7月27日(日) 午前10時30分 ホテルロビー集合
午後から「台湾歌壇」に参加、夕方便で帰国。
今、台湾に行かなければならない理由
日本が台湾を統治した50年間に、台湾で【日本人】として生まれた世代、
いわゆる【日本語世代】も、もう80代。この方々が、少しずつ減ってきており、
直接接することができる時間が、もう残りわずかになってきています。
今回の台湾ミッションは、その日本語世代との交流をします。日本語世代の方々が
火曜高齢者デイケアセンターの玉蘭荘や台湾歌壇を訪問したいと思います。ちなみに
台湾歌壇の蔡焜燦代表は、司馬遼太郎氏が台湾紀行で老台北と命名した人で、
「台湾人と日本精神」の著者としても有名な方です。(一度お会いしましたが、
李登輝元首相の盟友である蔡焜燦代表は、まさに時代の闘士の風格のある方でした。)
こうした歴史上の人物とお会いできるのも、もう残された時間はわずかです。 玉蘭荘HP http://www.gyokulansou.org.tw/about_us_j.htm 台湾歌壇の紹介(台北ナビより) http://www.taipeinavi.com/special/5039632
以上です。是非、みなさん、スケジュールを押さえておいてください!
PageTop