研究会について

グローバルキャリア研究会

  • 設立日: 2012年10月31日(ハロウインの日)
  • 略称: グロケン
  • 代表世話人: 小松俊明 教授 / 東京海洋大学

設立目的

本研究会は学生と社会人が交流し、様々な分野のグローバルビジネスを一緒に学ぶことで、一人ひとりが将来グローバルに活躍するためのヒントを得る実践の場を提供することを活動の目的としています。研究会の活動を通し、日本人及び日本社会のグローバル化推進及び日本の産学官組織の国際競争力強化に貢献します。

また、本研究会は東京海洋大学のグローバル教育の一つである海外探検隊プログラムに参加する学生の渡航前研修、および帰国後の海外探検隊ジャパンの活動としても位置づけています。

ロゴについて

logo2.jpg

  • 「グローバルキャリア研究会」のロゴは、本研究会がイメージする「グローバルに活躍する人材」を表現しています。
  • 「G」はグローバル(Global)の「G」です。Gを囲うように存在する箱は、自分が従来持っていた価値観や社会通念や常識、または自分が住む場所そのものを示しています。
  • グローバルに活躍する人材は好奇心が旺盛で、常に既存の枠から飛び出し、社会にイノベーションを起こす人物をイメージしています。

活動内容

当研究会は、「グローバルキャリア」について社会人と学生が「一緒に」討論をする教育の場を作ります。現代社会において、グローバルに活躍できる人材を育成することが急がれている状況を受け、企業や教育機関、そして行政機関等で働く社会人と学生が交流を深めるための具体的な試みとして本研究会を位置づけます。この場で得られた様々な英知は、広く社会に還元してまいります。

運営方針

  • 毎回、グローバルにビジネスを行うゲストの方に話題提供をしていただき、参加者は新しい分野のグローバルビジネスについて学びます。
  • ゲストの講演後、ゲストと参加者間で活発なディスカッションを行い、理解を深めます。
  • その場で得た英知は、広く情報発信をすることで社会に貢献します。
  • 学生の参加を募り、若手の成長機会を提供します。学生の参加資格は中学生以上としますが、中学生・高校生が参加する場合、原則、保護者の同伴があることを参加条件とします。

活動頻度

年3回開催予定(2月、6月、10月)

PageTop